薬剤師転職のメリット top > 調剤薬局

調剤薬局とは

調剤薬局とは街中にあったり病院の前に並んでいる薬局のことで、病院の処方せんを取り扱っており大きい医院・クリニックだと、多くの薬に接することになります。 門前薬局の場合は医院・クリニックに合わせて土日が休日の事が多く、総合科目だと処方せんの量が多いので、学ぶことが出来ますが仕事は忙しくなります。 また、営業時間は夕方の17:00や18:00までと個人経営の薬局と比べると早い時間に終ります。 総合病院の門前だとさばく必要がある処方せんの数も多いので薬剤師の数も多いです。 門前薬局は病院の前なので、総合病院でないと専門性が高くなります。 例えば、眼科だと目の治療薬が中心に、内科だと内服薬などが多いですが、 そうなると薬剤師の仕事は、少し単調な作業になる可能性もあります。 IT化が進んでいるので、薬剤師の知識以外にもパソコン作業も必須となってきています。 門前薬局の調剤薬局の場合、医院・クリニックの個人経営だと休日などが違うこともあります。 また、病院からの処方せんを取り扱うので、担当医師との連携は欠かせません。 そのためには、医師と信頼できる人間関係を築いていくことも重要なことになります。 また、担当医師との連携以外にも同じ薬局で働く他の薬剤師との連携も必要です。 これは他の職場でも同じことがいえますが、人間関係を上手に築けることがその職場で活躍できるかが決まってきます。

調剤薬局へ転職するメリット

調剤薬局で働くメリットは勤務時間が決まっていて、比較的残業も少ないという点です。基準薬局の管理薬剤師や店長にならなければ休日や夜間に出勤することはありませんし、プライベートを重視してメリハリをつけて働きたいという薬剤師に向いている職種です。仕事内容も学校の研修などで勉強することなので、最新の医薬品情報などを理解しておけば業務に取り組む際に大きな支障はありません。ただ職場が狭かったり女性ばかりで特有の人間関係がある場合は、企業によっては働きづらさを感じるというデメリットもあります。