薬剤師転職のメリット top > 医薬品管理

医薬品管理とは

調剤薬局の薬剤師は、医師が処方した薬の調合だけでなく、管理薬剤師として病院内で使用する医薬品の購入や在庫の管理各部署への供給の仕事も行っています。 購入管理の薬剤師は、出庫状況を把握して確認しながら医薬品の発注を行います。 在庫の管理をしている管理薬剤師は、適正な在庫や出庫処理の他にも、病院内の全ての医薬品について、取り違い防止をしたり、品質の低下の防止のための保管場所の検討や使用期限などを確認します。 また、調剤薬局での医薬品管理には、麻薬や毒薬劇薬、向精神薬、ハイリスク薬、特定生物由来製品、血液製剤の法規制管理なども行っています。供給管理は、各部署に対して医薬品の供給と同時に、病棟に定数配置している医薬品の利用状況を確認したり、品質の管理、定数の定期的な見直しなどを行います。 医薬品管理は、医薬品提供以外にも、医薬品卸への発注、コスト削減や品質を保つなど様々な業務を受け持っています。主に、購入管理では、購入計画から医薬品卸への発注、納品、品質や期限、LOTチェックの検収、入庫を行います。在庫管理では、適正な在庫や出庫処理、先入れ先出し、温度や湿度、光による劣化を防ぐ、期限などの品質管理、配置、棚卸しをします。また、供給管理では、供給の仕方や定数配置、セットや箱で渡したり、伝票の合理化などの作業をします。

管理薬剤師になると

転職活動をしている時に気になる役職として管理薬剤師の経験があるかどうかです。管理薬剤師の経験があると基本的に役職を与えられることが多く、また医薬品管理や薬局の整備など業務が多岐にわたるというデメリットがあります。ただしその分給料も大きく増えるので収入を増やしたいという薬剤師にとっては大きなメリットがあります。これまでの経験で医薬品管理の補助などの経験がある人は転職活動でも有利になるので、履歴書や面接で上手にアピールできるように準備しましょう。