薬剤師転職のメリット top > ドラッグストア(40代男性)

ドラッグストアへの転職体験談

製薬会社の営業でMRとして働いていました。薬剤師の資格を取得していることもあり、医師などに製品を売り込む時には、自分の薬剤師の知識が多いに役立ちました。その薬効を説明する場合も安全性を説明する情報提供も自信を持って伝えることもできましたし、なにより年収が同期の薬剤師として働いている友人たちより多かったのが魅力でした。しかし、何と言っても営業職なのでストレスも多くありました。そして、このMR自体は特に薬剤師の資格がなくてもできるものなので、そのことにも自分の専門的な知識を活かしきれていないことにも段々と物足りなくなってきたのです。年齢も40代になったということで今がMRから転職から転職する時期だと思いドラッグストアへの勤務になりました。MRから転職から転職からをして年収は下がりまいたが40代男性としてのプライベートを充実させることもできました。MRの場合には勤務先も変わることもあり、転勤は覚悟しておかなければ続けられませんでしが、薬剤師としてのブランクがあまり長くなると調剤薬局で働くこともできにくくなることなので40代男性としては本当に良い決断をしたと思っています。年収は少し下がりましたけど、得るものが大きいものがありました。