薬剤師転職のメリット top > 働きやすさ

より働きやすくする利点

薬剤師が転職するメリットの1つに、現在よりも働きやすくするというものがあります。 例えば調剤薬局は他の職場よりも人間関係が築きやすい点があり、その理由としては家近・駅近であるため、近所に住んでいる人がたくさん勤めているからです。また、育児休暇・復職支援もしっかりしていることから子供を持つ母親も多いです。子供について楽しく会話することができ、人間関係は悪化することがありません。毎月、同じ職場に勤めている人をお互いにほめあい、高め合う会が開かれ、あまり会話することのない人ともコミュニケーションを取ることができます。 また製薬会社のMR職では、子供を持つ女性薬剤師のために託児所ありも検討されており、育児休暇を取ることができない人向けのサービスが展開しつつあります。会社近くの託児所なので子供に何かあった時もすぐに帰宅できる他、一旦長い休みをとって育児休暇・復職支援を受ける人もいます。長い期間休んでいてもすぐに復帰できるアットホームな企業も多く、医師との人間関係を作れたり、休んでいる間に新しく発足されたものについても丁寧な説明、研修を受けられるため戸惑うこともありません。託児所ありのドラッグストアも人気が高く、職場から子供の様子が確認できる透明な窓、カメラによる安心保証も魅力的です。

ブラック企業で働いてませんか

薬剤師の職種の中にもブラック企業があり、調剤薬局やドラッグストア、製薬会社、医薬品卸の中にもあると言われています。例えば管理薬剤師がやる仕事をパート薬剤師がやっていたり、無資格調剤をさせたり薬歴管理を行わないなどの法令遵守を徹底していない企業もあります。残業代や資格手当が出なかったり、休みを与えなかったりと過労死にいたるケースもあります。せっかく取得した薬剤師という素晴らしい資格を生かすためには働きやすい職場を転職活動中に選んで、有意義な時間の使い方、お金の稼ぎ方について再考してみてはいかがでしょうか。