薬剤師さんが転職したいと思ったら

このサイトでは薬剤師の基礎知識をはじめ、転職を検討されている方に 職種の仕事内容やメリットなどについて分かりやすく解説しています。 また薬剤師の転職サイトをサービスの特徴やポイント別に比較して紹介していますので、 将来のキャリアプランを作成してくれるコンサルタントサービスを利用してみましょう。

現職を退職して薬剤師が転職するメリット

ここ最近では薬剤師業界がさまざまな変革を迎えてきており、 医薬品を制限付きで販売できる登録販売者制度が生まれたり、 大学の薬学部が6年制に変更されたりしています。 調剤薬局グループやドラッグストアが店舗数を増やしている中で、 薬剤師が転職することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 
  • メリット1.年収を大幅にアップすることができる
  • メリット2.あたらしい分野・職種に挑戦してスキルアップすることができる
  • メリット3.自分らしい働き方を選ぶことができる
  • メリット4.医師とのコネクションや独立開業に向けた準備を進めることができる
  • メリット5.転職サイトを利用すればお祝い金をもらえるところもある

私立大学で薬学部が乱立してから薬剤師の需要は下がっていくと考えられていましたが、 高齢化が進み残薬問題の解決や在宅医療の重要性から薬剤師の役割が見直されるようになりました。 そのため国も調剤報酬を引き上げて、その代わり一人の薬剤師が果たす役割が大きくなろうとしています。 業務内容が拡大するとも言われており、今後はより分業・再分化が進むと考えられています。

また調剤コーナーを設置するドラッグストアが増えてきており、調剤薬局からドラッグストアで勤務する 薬剤師の割合が増えてきています。これまでの単なる調剤業務だけではなく販売スキルを生かして OTC医薬品や健康食品、化粧品などを専門的な立場からアドバイスし、 売上を上げることができる人材が求められています。

他にもCROやSMOといった治験機関や有料老人ホームで活躍する薬剤師も増えてきています。 これまでは薬剤師の大半が調剤薬局に勤めるものだと考えられていましたが、 活躍の幅が広がったことで自分のやりがいを感じられる職種で働きたいと考える人も増えています。 そこで薬剤師専門の転職サイトを利用すれば希望する求人を紹介してくれるだけではなく、 研修会へ参加できたりコンサルタントによるキャリアサービスを受けることもできます。

大学卒業したままで転職を経験されたことがない薬剤師であれば、 転職サイトを利用して転職すると基本的に年収は大きく上がります。 現職が働きやすいところであれば人間関係を再構築する必要があるデメリットなどもありますが、 派遣やパートといった自分らしい働き方を提案してくれるメリットもあります。 中には入職が決まるとお祝い金をプレゼントしてくれるところもあるので、 口コミや体験談を参考にして自分に合った転職サイトを選ぶようにしましょう。

ranking

参考サイト